Warning: Use of undefined constant WPRBLVERSION - assumed 'WPRBLVERSION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tftl/mogeringo.com/public_html/bicycle/wp-content/plugins/wp-render-blogroll-links/WP-Render-Blogroll.php on line 19
【レビュー】CATEYE HL-EL460RC Volt300を購入しました | ロードバイク・クロスバイク探索

【レビュー】CATEYE HL-EL460RC Volt300を購入しました





今まではGentos SG-355Bを使っていましたが

秋になり帰宅時の時間帯は既に真っ暗でライトを使う時間が増えたのですが

やはり夜道の時速30キロペースはどうしても100ルーメンでは力不足

フラッシュにすると50ルーメンぐらいの明るさで、怖い思いをする事もしばしば

で、Cateyeから発売されたVolt300「HL-EL460RC」を購入してみました

hl-el460rc5

デザインはスリムでシュッとした感じ

スイッチは上部にあります

後ろ側の黒い部分がカートリッジ式バッテリーとなりリチウムイオン充電池となっています

メーカー公式ページ

http://www.cateye.com/jp/products/detail/HL-EL460RC/

 

hl-el460rc1

パッケージはこんな感じ

 

hl-el460rc2

付属品は本体にUSBケーブル、ブラケットが付属しています

SG-355Bにはケースが付属していまいしたが、こちらには無い模様です

 

hl-el460rc6

本体重量は116gとスペックより軽い結果に

 

hl-el460rc7

充電中はこの様にスイッチ部分が赤く光ります

完了すると消灯と分かりやすいです

充電時間は6時間との事で購入当初は半分くらいの充電量になっていると思われます

 

hl-el460rc8

カートリッジ式充電池を外したところ

クルクルと回して外れます

付け根にはパッキンがありますので防水性をしっかり考えられています

 

hl-el460rc9

USB部分は本体下にキャップを外して接続できます

結構幅が狭いので市販のUSBケーブルを使う場合は幅を気にする必要があります

キャップはしっかりと刺さりここも防水性が考えられています

 

hl-el460rc3

近所の駐車場でテスト

左がHL-EL460RC、右がSG-355Bとなっていて

明るさはおおよそ3倍といった具合です

SG-355Bは一番絞っている状態です

SB-355Bが100ルーメン、HL-EL460RCが300ルーメンと考えると

妥当な明るさだと思います

初めてハイを点灯した時は「へへへ」と笑える位に明るく感じました

照射範囲は広く、前輪の先から15mぐらいは照らしてくれます

SG-355Gはエネループが使えたり照射範囲の調整などで便利なんですが

比べてしまうと暗く感じてしまいます

 

hl-el460rc4

至近距離での比較

実際に夜間を30キロ近く走ってみましたが

時速35キロを出しても怖くない程、照射モード「ハイ」は明るいです

車の後ろを走っていましたが、前の車を照らしているという感じになります

街中では「ハイ」は使えない位に明る過ぎると思います

「ノーマル」は「ハイ」の半分くらい、「ロー」は更に半分くらいという感じだと思います

お!これいいな、と思ったのがハイパーコンスタント

「ロー」位の明るさを点灯して「ノーマル」の明るさフラッシュを合わせた感じです

通常の状態は「フラッシュ」で使用、ちょっと暗い道で「ハイパーコンスタント」

いざという時の「ハイ」「ノーマル」「ロー」とモードが沢山あるのも嬉しいですね

 

夜道、山道でこれ一本でも十分なくらいの明るさですが

予備バッテリーにエネループ等が使えないので

オプションのカートリッジがあれば安心かと思います(カートリッジ \2,100-)

もっと明るいライトも沢山ありますが

値段的にも、なかなかいい買い物をしました

【即納】キャットアイ HL-EL460RC ボルト300 ヘッドライト

価格:5,880円
(2013/10/5 20:48時点)
感想(0件)




  1. コメントはまだありません。